ワークショップ

YCAMでは、人々のメディア・リテラシーを高めるための試みとして、人と「社会」「身体」「メディア・テクノロジー」との関わり方をテーマとしたワークショップを開発しています。

いずれも「テクノロジー〈を〉学ぶ」のではなく、「テクノロジー〈で〉学ぶ」あるいは「テクノロジーから考える」といった実践的なアプローチを重視しており、単なるメディア・リテラシーの向上や知識の強化だけではなく、普段の生活に新たな視点をもたらし、それまでにない価値観を通して物事を捉える「想像力/創造力」の向上にもつながるよう設計されています。

情報化社会を理解する

私たちが生きる高度情報化社会の特徴を理解し、生活する上でのリスクや創造性のあり方について学んでいきます。

自分の身体を理解する

私たちの身体、とりわけ視覚や聴覚などの知覚の機能を改めて認識するとともに、それらを刺激する創作について学んでいきます。

  • COOKHACK

    調理とおいしさを科学的な視点でとらえる 科学実験の手法を取り入れながら調理し、実際に味わってみることを通して、おいしさをつくり・感じる新しい方法を学びます。

    準備中

  • 教室メーカー

    目に見えない距離をはかって教室を作る このワークショップは、普段行っている会話のコミュニケーションの距離やシチュエーションを変えて試す活動や、シーンに応じた教室を自分たちで考え表現する活動を通して、人と人との距離や人とモノとの距離、それらを内包する空間がどのように作り出されているのかということを学びます。

    準備中

  • walking around surround

    人々が当たり前のように接している〈音を聴く〉という現象を改めて捉え直し、音を時間軸と空間にコンポジションしていく手法を学ぶワークショップです。

    準備中

最新のメディア・テクノロジーを理解する

日常生活ではまだ触れる機会の少ない、しかし将来的には幅広い普及が予想されるメディア・テクノロジーを取り上げ、その可能性を学んでいきます。

あいうえおかきくけこさしすせそたちつてとなにぬねのはひふへほまみむめもやゆよらりるれろわをがぎぐげござじずぜぞだぢづでどばびぶべぼぱぴぷぺぽきゃきゅきょしゃしゅしょちゃちゅちょにゃにゅにょひゃひゅひょみゃみゅみょりゃりゅりょぎゃぎゅぎょじゃじゅじょびゃびゅびょぴゃぴゅぴょアイウエオカキクケコサシスセソタチツテトナニヌネノハヒフヘホマミムメモヤユヨラリルレロワヲンガギグゲゴザジズゼゾダヂヅデドバビブベボパピプペポキャキュキョシャシュショチャチュチョニャニュニョヒャヒュヒョミャミュミョリャリュリョギャギュギョジャジュジョビャビュビョピャピュピョファフィフェフォフュウィウェウォヴァヴィヴェヴォツァツィツェツォチェシェジェティてぃディでぃデュでゅトゥ