制作ラボ

制作ラボはYCAMインターラボを構成するラボのひとつであり、さまざまな作品の制作に関する研究開発をおこなっています。

アーティストを支え、ともに作る

メディア・テクノロジーの発達は、私たちの社会はもとより個人のリアリティや想像力にまで影響を及ぼしており、その勢いは今なおとどまる気配がありません。

そのような中、世界中のアーティストが、メディア・テクノロジーを用いて、社会に一石を投じるような作品を生み出しては従来の「アート」という枠組みの更新を迫っています。

制作ラボは、このようなアーティストたちによる制作 ―インスタレーション、ダンス/演劇、映像作品など― を、幅広い形態で実現するための研究と開発をおこなっています。

主な取り組み

オリジナル作品の制作

制作ラボは、アーティストとともにオリジナルの作品を制作しています。

メディア・テクノロジーを応用した作品は、ソフトウェア/ハードウェアの開発、照明や什器、会場サイン等のデザイン、また音響や映像のセッティングなど、さまざまな要素が複雑に絡み合って生み出されます。
制作ラボは、そうした多様な要素に対応しているため、柔軟かつハイ・クオリティな制作をおこなうことができます。

また、アーティストが提示するビジョンをキュレーターやエンジニアが的確に理解し、さらに深化させていくことも制作ラボの重要な役割です。

このように、コンセプトづくりから最終的なアウトプットまで、一貫した体制で制作を推し進められることが制作ラボの特徴であり、これまでに多くの作品を「YCAM委嘱作品」として発表してきました。制作した作品の多くは、国内外の展覧会やフェスティバルへ巡回し、また各地のコンペティションで受賞するなどの実績を持っています。

さらに、この過程で開発されたソフトウェアやハードウェア、あるいはその際に得られた知識や経験は、教育ラボが開発するワークショップや、地域開発ラボの活動にも還元されています。

巡回のサポート

YCAMでは、このように制作された作品が国内外の展覧会やフェスティバルを巡回する際のサポートをおこなっています。

YCAMが制作する作品は、複雑かつ大規模になることもあるため、巡回先の美術館のスタッフだけでは対応できないことがあります。
このような場合には、現地へ制作ラボのスタッフを派遣し、アーティストとともに設置作業をおこないます。

また、巡回とともに劣化してしまったハードウェアの修復など、必要に応じて保守管理の作業もおこない、修復保存に関わる知識や経験を蓄積しています。

あいうえおかきくけこさしすせそたちつてとなにぬねのはひふへほまみむめもやゆよらりるれろわをがぎぐげござじずぜぞだぢづでどばびぶべぼぱぴぷぺぽきゃきゅきょしゃしゅしょちゃちゅちょにゃにゅにょひゃひゅひょみゃみゅみょりゃりゅりょぎゃぎゅぎょじゃじゅじょびゃびゅびょぴゃぴゅぴょアイウエオカキクケコサシスセソタチツテトナニヌネノハヒフヘホマミムメモヤユヨラリルレロワヲンガギグゲゴザジズゼゾダヂヅデドバビブベボパピプペポキャキュキョシャシュショチャチュチョニャニュニョヒャヒュヒョミャミュミョリャリュリョギャギュギョジャジュジョビャビュビョピャピュピョファフィフェフォフュウィウェウォヴァヴィヴェヴォツァツィツェツォチェシェジェティてぃディでぃデュでゅトゥ